修理

簡単な点検から修理まで、どのようなご依頼にも、丁寧で細心の注意を払った仕事をお約束します。あなたの個性や要求を大切にしながら、演奏する人の立場に立って、楽器のより良い弾き心地が得られる方法をご提案いたします。

弓の修理に関しては、効果的、かつ、その弓のオリジナルの状態を尊重した「フランス流派」に則った方法で行います。また、修理や補強をする際には、使用する部材に妥協せず、毛替えにはモンゴルの最高級品、グリップには本物のトカゲ、チップにはマンモスか象牙のみを用います。

音の調整

自分の楽器は、もっと良く鳴るのでは?
真剣な演奏家なら、常に気になる点だと思います。特に湿度の変化の大きい日本は、西洋の 楽器にとっては厳しい環境であると言わざるを得ません。一年を通じて楽器を最適な状態に 保つことは簡単なことではありません。音が少し硬くなった、パワーが足りなくなった、発音しにくくなった…等、多くの演奏家がよく感じることではないでしょうか?

楽器の調整は、私が最も情熱を傾けることの一つです。それは、楽器と、そのモンタージュ―駒、魂柱、弦―、そして弓、気候、それから何と言ってもその楽器を弾く人の音に対するイメージの繊細なバランスを作ることだと思います。

あるファクターは確実に改善できるでしょう。しかし、全てがフィッティングによって魔法のように解決できるという訳ではありません。

私のチャレンジは、出来る限り演奏家の理想に近づくことです。

これは、私にとっても演奏家にとっても忍耐が必要な作業です。

© 2018 Atelier Français Tokyo